poorba-chan’s blog

50代半ば。貯蓄なし、退職金なし、借金あり。無事年金生活を迎えることができるのか?

実家の片づけ 着物の処分

着物の処分

 

実家の片づけ 着物の処分

 

 

実家の母も80歳代後半になります。

広い家には、それなりの量の物がたまっています。

 

もう使わないけど、捨てられないもの・・・

それぞれに思い出がありますものね。

 

そんな中で、母の気がかりになっているのが着物です。

 

私が覚えてる限り、母が着物を着ている姿は写真で見た、私の小学校の入学式が最後でしょうか。

その後、50年近く、着物を着たのを見た記憶はありません。

 

その着物の多くは、若いころ働くために東京へ出て、お世話になった叔母さんに作ってもらったものだそうです。

20代のころに着ていたそうで、もう60年も 前のものです。

 

お気に入りでよく着ていたという大島紬は、襟に多少汚れがあるくらいで、着物自体はしっかりしています。

 

どれも思い入れのある着物ばかり。

ひとつひとつ手に取って、着ていた頃の思い出話をしながらの片づけで、なかなか作業が進みませんでした(^^;)

 

私も、ちょっと羽織ってみたりして・・・

着物っって、良いな~なんて思いました。

 

結局、2週にわたり、整理した着物の数は、

着物・・・10枚

帯・・・5本

羽織・・・5枚

ゆかた・・・3枚

反物・・・5反 です。

 

私がもらってあげればいいのはわかっています。 母もどんなにうれしいか。

いったん私が引き取ってもいいのかも・・・

心は揺れます。

 

でも、たぶんこの先、私が着物を着ることはないだろし、手入れも、保管もできません。

そして、私自身も少しづづ物を減らしていかなければならないお年です。

 

できれば、着物好きな人の手にわたって、大事に着てもらったほうが着物も幸せですよね。

 

着物の買い取り~リサイクル業者選び~ 

 

母の知り合いの方が、やはり着なくなった着物を処分するために、リサイクルショップへ持ち込んだ そうです。

 

大事な思い出のある着物だったと思います。

ですが買い取り価格は、着物1枚、たったの1円だったそうです。

1円です。

 

どんなに悲しかったでしょう。

でも捨てるよりはと思い買い取ってもらったとの事。

 

インターネットで調べると、着物の買い取りをしているところが結構でてきます。

着物自体は古いものなので、買い取りしてもらえるかわかりませんが、試しに査定をしてもらおうと思います。

 

いろいろ検討した結果、こちらにお願いしました。

 

着物を着払いで送ると、すぐに査定金額のお電話をいただきました。

その時点での買取価格は600円でした。

 

600円・・・

 

そんなものなんですね。

60年もたっているんですものね。

 

ですが、来年2月まで、委託販売という形で預かってくださるとのこと。

もし、その間に売れれば、その分が上乗せされます。

 

そして、最終的に残ってしまった着物は、チャリティにまわしてもらうことにしました。

 

もちろん、引き取りもできるそうです。

 

着物を箱詰めしている段階では、まだ着物を手放すことに少し戸惑いも感じられた母でしたが、実際に送ってしまうとすっきりしたようです。

 

やはり、「手放す」という事は、心の重荷を解き放つ大切なことなんだなあと実感しました。

 

私も、今から少しづつ不要なものを手放し、心を軽くしていきたいと思っています。

 

 

しいたけ

 しいたけ栽培日記 7日目

 

栽培を始めて、ちょうど1週間です。

もう容器いっぱいです。

 

ちょっと小ぶりですが、収穫することにしました。

大きめのものを収穫。全部で11しいたけ♪

 

まずはシンプルに焼いていただきました。

肉厚でやわらかくてジューシー(*´▽`*)

やっぱり取れたては美味しいです!

 

明日も収穫しま~す(^^♪