poorba-chan’s blog

50代半ば。貯蓄なし、退職金なし、借金あり。無事年金生活を迎えることができるのか?

たった一人になった・・・でも、ひとりきりじゃなかった。 『ひと』小野寺史宜

ひと 小野寺史宜



わっ!!すごく良かった(*´▽`*) ← 素直な感想です。

 

帯にも書いてありますが、本当にこの本に出会えてよかったー。

 

 

たった一人になった。でも、ひとりきりじゃなかった。

両親を亡くし、大学をやめた二十歳の秋。
見えなくなった未来に光が射したのは、
コロッケを一個、譲った時だった――。

 

 

表紙の男の子、柏木聖輔。

高校生の時に、父親を事故で亡くし、その後、大学進学で地元の鳥取を離れ東京へ。

 

そんな大学2年の時、母親が突然死してしまう。

 

20才の秋。

たったひとりになってしまった・・・

 

大学を続ける余裕も自信もなく、中退。

何か仕事を見つけなければと思いながらも、一歩が踏み出せずにいた聖輔。

財布の中身は55円。

最後にカップ麺を食べてから、すでに20時間がたとうとしていた・・・。

 

商店街の総菜屋に残っていた、1個50円のコロッケを買おうとしていたところへ、勢いよくやってきたお婆さんに先を越され、買うことが出来ず。

店主に勧められた120円のメンチカツは買うことが出来ない。

 

たった20才。

たった3年間に、父親も母親も亡くしてしまった、圧倒的な孤独感。

 

でも、親切な人はいるのだ。

ひとりきりじゃないんだ・・・と。

 

 

買う事の出来なかった「コロッケ」がきっかけとなり、その総菜屋でアルバイトを始めた聖輔。そして調理師免許を取るという目標も出来た。

 

店主や従業員、商店街の人々との繋がり。

 

偶然出会った、高校時代の同級生。

 

大学時代の友人だち。

 

父親の辿った先で出会った、オーナーや同僚との出会い。

 

聖輔は人に頼るということを覚えろ。

おれたちには頼れ。

 

健気に、誠実に、ひたむきに生きている聖輔。

もう、母親のような気持ちで応援したなります。

 

最後は・・・

涙・涙です。